TOP > コラム > 細部にこだわる③ 傘立て

細部にこだわる③ 傘立て

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
細部にこだわる③ 傘立て

どうもたけのこです。
今年も早いもので、もう1ヶ月過ぎましたね。慌ただしい1ヶ月でした...。
残りの11か月もノンストップで行きましょ!

さて前回のぐりに引き続き(また勝手に)細部にこだわるシリーズ第3弾ということで、「傘立て」についてご紹介していこうと思います。

来客される方のためにもエントランスに置くことが多い傘立てなんですが、内装のイメージを邪魔しないものを選ばないと、めちゃめちゃ浮いちゃってることがあるんですよね。
意外と目につく物なので、こだわりの1つを選んでいただければと思います。

ブログ_傘立て

選び方のポイントとしてはざっと以下のポイントがあげられます。

① デザイン性

エントランスイメージとあう物、もしくはアクセントとなる物

シャドーワイヤー アンブレラスタンド キャット
『シャドーワイヤー アンブレラスタンド キャット』


② サイズや収納数

普段の来客数などにあったもの、省スペースにおけるもの

CORNER BAR
『CORNER BAR』


③ 傘の種類

通常の傘は問題ないですが、折り畳み傘なんかは紐をひっかけられるタイプのものがおすすめです。

アンブレララック 木製
『アンブレララック 木製』


④ 素材

基本雨天時に使用するので錆びにくい素材はもちろん、雰囲気にあった素材を選ぶようにしましょう。

trico 珪藻土 傘立て
『trico 珪藻土 傘立て』


いくつか気になる物と一緒にご紹介させていただきました!
周りの雰囲気に溶け込むおしゃれなものを選べば、来客時の話の話題になるかも!

ではまた。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加