1. オフィス移転・オフィスデザインのアーバンプラン
  2. コラム
  3. サーフィンの話がしたい

サーフィンの話がしたい

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サーフィンの話がしたい

お久しぶりです、ヤスです。
前回の僕のブログを見て頂いた方はご存知かもしれませんが、
僕はサーフィン大好き人間でございます。
(最近はコロナの影響で自粛を余儀なくされているので悲しいです…)

サーフィン

今日はそんなサーフィンの魅力を普段の仕事と絡めながらお話しできればと思っております!

1 朝に強くなる


手

運動をすると健康になるというのはあたりまえですが、サーファーの多くは規則正しい生活習慣の人が多いです。

それはなぜでしょうか。

季節などによって違いますが、“波の質”が良いのは早朝が多いからです。
いい波を求めて早起きをする。僕の場合、土日は平日よりも早起きです。(5時起きとか笑)

そんな生活を続けていれば、自然と早起きになるので、寝坊して遅刻はありえません。
朝早く出社することで、その日にやるべき仕事のスケジュールを整理し、余裕をもって業務を始められます。

2 スケジュール管理が上手くなる


時間管理

「1 朝に強くなる」の話で書きましたが、
サーフィンは基本的に早朝に波が良いことが多いです。

しかし、季節や潮、風の向きによって波乗りに最適な時間帯は変化します。

僕は休日の生活の主軸をサーフィンに置いているので、
その日の波をもとに休日の過ごし方をスケジュールしています。

例えば、
「明日は朝波がいいから、早起きだな。→今日は早く家に帰ろう。」とか、
「明日は昼間波がいいから、朝のうちに洗濯と掃除を全部終わらせておこう。」
「明日は夕方波がいいから、午前は掃除して昼ご飯は友達とどっか行こう。」
とか考えています。

その習慣は、仕事でも生かされていて、
前日のうちに、次の日の仕事の優先度を判断し予定を立て予定表に記録することを徹底しています。

予定表に記録する時は、業務ごとに、予想所要時間も記録することもしています。

例え、予定表通りに仕事ができなかったとしても、
・どの業務に時間がかかったのだろう
・この仕事はこうすればもっと早くできたな

など考え、次に生かすことができます。

3 波乗り最高

サーフィンはとにかく最高のスポーツです!
自然を相手にすることなので、危険ももちろんありますが、
とにかく楽しい! 

サーフィン

このコロナ騒動が終息した後、
ぜひ一度サーフィンというスポーツを体験してみて下さい!

それではまた。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加