オフィス移転・デザインの悩み

オフィスの移転を考えたら

「オフィスを移転したいな・・・」と考えた時に、必ず役立つ3つのチェックポイントをご紹介いたします。

Step01オフィス移転の目的をはっきりさせよう

まずは、オフィス移転の目的を明確にします。「オフィスを広くしたい」「賃料を安くしたい」「企業イメージアップを図りたい」など目的は様々ですが、ご希望内容を詰め込みすぎてしまい予算が合わなくなってしまったという声も少なくありません。
この目的を明確にしておくことで、その後の様々な場面の判断基準を作っておくことをお薦めいたします。

Step02不動産を選ぼう

新しいオフィス選びはとても重要です。賃料やビルグレード、ファシリティの良し悪しもちろんですが、“レイアウト”のチェックも重要な項目となります。坪数だけの不動産情報では、今の荷物が全部入るのか、希望の間取りが取れるのか、各部屋に空調は入るのか等、見えない部分が沢山存在しているからです。
アーバンプランでは、不動産選びに同行させていただいたり、検討中ビルの参考レイアウト・コスト比較表をご提供しております。お客様のご納得いただける不動産選びが出来ますよう、1からサポートをいたします。

Step03移転のスケジュール感をつかもう

不動産契約の完了後には、移転に向けた今後のスケジュール確認を行います。
まずお客様には、現在入居しているビルへの解約予告をご確認いただきます(3ヶ月前~6ヶ月前までの予告が一般的です)。その際には、ビル退去後の原状回復工事も視野に入れたスケジューリング・コスト管理が必要となります。
アーバンプランでは、各種工事・工程もトータルで管理いたしますので、お気軽にご相談ください。

オフィス移転を行うこのタイミングで、同時にデザインのリニューアルもいかがでしょうか。エントランスやサイン・カーペットなど、部分的なリニューアルをするだけでも空間にメリハリを持たせることが出来ます。

  • イメージを掴もう
    現在、イメージ戦略の一環としてオフィスデザインにこだわりを持つ企業様が増えています。テイストも、スタイリッシュ・ポップ・ナチュラルと様々です。
    アーバンプランは、お客様の会社の風土・将来のビジョンも考慮したデザインをご提案しております。お客様と共に理想のスタイルを造り上げていきますので、是非イメージをお聞かせください。
  • 素材(仕上げ)を考えよう
    例えば、壁を一面だけ違う色にしてみる、床の一部だけをフローリングにしてみるなど、他と異なる素材でアクセントをつけるだけで空間の印象はガラリと変わります。
    アーバンプランでは、このような素材のサンプルもご提案時にご確認いただけます。
  • 遊び心をプラスしよう
    大きい柱や長年使っている古いキャビネットなど、オフィス空間の物理的な問題も、工夫次第で楽しく活用することができます。 例えば、色や棚をつけてあげるだけで、大きく邪魔なだけだった柱は楽しいシンボルへと変化します。また、古いキャビネットは、パステルカラーや木目調のシートを貼ってあげるだけで、愛着の湧く収納スペースへと生まれ変わります。
    このようなちょっとした「プラスワン」のご提案も、アーバンプランが大切にしているポリシーの1つです。

オフィス環境を整えたい、使い勝手の良いオフィスにしたいと言っても、その良し悪しは企業によって様々です。まずは、現状のオフィスの問題点を把握し、どう改善したいのか、ビジョンを明確にするところからスタートします。

  • ワーキングスペースを見直そう
    同じ企業の中でも、外回りの多い人・内勤の人・来客が多い人など、ワークスタイルは様々です。
    そこで、ワークスタイルを見直すと同時に、ワーキングスペースを見直すこともおススメします。一日にどんな動線が利用されているのかを把握し、レイアウトを変更するだけでも、オフィスをストレスフリーな環境に変化させることが出来ます。
    また社員間のコミュニケーションを充実させたい場合は、動線が多く交差する場所にミーティングスペースを置くことも効果的です。
  • オフィスの無駄を省こう
    オフィスの中には、「デッドスペース」と呼ばれる場所が存在します。例えば、会議室に必要な移動式ホワイトボードの脚の幅。打合せの最中に、「ちょっと邪魔だなぁ・・・」と思わせるスペースを作っていたりします。
    そこで、そのホワイトボードを壁掛け式にしたり、ホワイトボードシートを壁に貼るタイプに変えるだけで、足元のスペースに余裕をもたせることが出来ます。
    こういった空間の有効活用は、社員の皆様のストレス軽減にも繋がります。心地良いオフィス造りに必要不可欠なポイントです。
  • システムを取り入れてみよう
    お客様より、「サーバー室を自社でもつ場合、ラック・重量用OA床貼・専用空調など、多額の初期投資がかかる」というお悩みをお聞きます。
    そこで、おススメなのがサーバーのクラウド化です。サーバー室が必要無い分余計なコストがかかりませんし、サーバー室自体のスペース費用も不要となるため固定費も抑えられます。
    アーバンプランでは、このような空間にもお財布にもスマートなオフィス造りをご提案しています。

アーバンプランは全国対応いたします。
お気軽にご連絡ください。

メールフォーム