資料ダウンロード
お問合せ・資料請求
  1. オフィス移転・オフィスデザインのアーバンプラン
  2. お客様の声
  3. Vol.07 ディーピーティー株式会社 東京支社 様

Voice

お客様の声

お客様の声 Vol.07

ディーピーティー株式会社 様

社員に「本物」になってほしいという想いを持って移転されたディーピーティー様。

東京支社長の福田吉晴様にお話しを伺いました。
ディーピーティー株式会社 様
ディーピーティー株式会社 様

―今回の移転プロジェクトの経緯を教えてください。

当社の東京オフィス移転プロジェクトは、関東地区での拡大発展を念頭に始まりました。移転先は、JR大崎駅にほど近い高層ビルの最上階です。立地にも建物のスペックにも特にこだわらなかったのですが、これだけの眺望を持つオフィスはめったにありません。当社は名古屋に本社を持ち、これまでエンジニアの派遣や工場系の仕事紹介サイト運営などを展開しきましたが、ここなら従来の当社とは異なる方向性のオフィスを構築できるかな、と。

ディーピーティー株式会社 様

―どのようなコンセプトで新しいオフィスを構築されましたか?

新しい東京オフィスのコンセプトはいろいろありますが、そのひとつが「社員に『本物』になってほしい」という思いです。造作はもちろん、ファブリックやファニチャーなどすべてにおいて質感を追求しました。特に会議室はクオリティにこだわり、レプリカは一切使用していません。

内装は落ち着いた色合いのベースカラーに光沢のあるストーンやメタルをあしらってもらいました。落ち着きといっても、目指したのは重々しさではなく洗練さです。レイアウトも目新しさのないスタンダードなものですが、これも落ち着いた雰囲気を増していると思います。ただそれだけでは画一的なので遊び心を発揮できる空間も欲しいと思っていたところ、デッドスペースをリフレッシュスペースにする案をいただき、ちょっと非日常的な空間をつくりました。東京を一望できる窓沿いのカウンター席が特に人気です。

ディーピーティー株式会社 様

―実際にオフィス移転されて、いかがでしたでしょうか?

実はこれだけのオフィスを構築するにあたっては、社員たちからの不安の声も上がりました。家賃は移転前の数倍でしたし、造作コストもかさみました。それでも、従来の当社とは異なる方向性を追い求めました。本当は赤字覚悟だったのですが、結果として東京オフィスの生む利益は以前よりも増加しています。利益増はオフィスだけが理由とは言い切れませんが、それでもお客様からの心象は確実に良くなっていますね。こういう立地にこういうオフィスを構えることで、結果的に当社の信用力につながっていると感じます。

ディーピーティー株式会社 様

―新しいオフィスになって、変わったことはありますか?

社員の雰囲気も変わってきましたね。出向先に行ったまま滅多に顔を出さなかったエンジニアたちが、作業やミーティングと称して会社に来るようになりました。こんなオフィスで働きたいという入社希望者も増え、リクルーティングにも手ごたえを感じています。それともうひとつ、大企業のオフィスが多いという立地のせいもあるかもしれませんが、オフィス内での社員たちの立ち居振る舞いがスマートになってきましたね。やはり、オフィスが人をつくるということもあるようです。



Works

オフィスデザイン・レイアウト事例

Recent|最新オフィスデザイン事例

Pick Up

オフィス移転やリニューアルに関する資料

オフィス移転や
リニューアルに関する資料

資料ご希望の方は、資料ダウンロードページより無料でダウンロード頂けます。

社内アンケートツールはこちら

社内アンケートツールはこちら

オフィスに関する意識調査ができるアンケートツールを無料にてご提供しております。

オフィス訪問予約

ご質問やお問い合わせは
こちら

ご相談・お見積りは無料です。
お気軽にご相談ください。