TOP > コラム > 会社にいきたくなる!おしゃれなオフィスデザイン

Blog

会社にいきたくなる!おしゃれなオフィスデザイン

会社にいきたくなる!おしゃれなオフィスデザイン

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
会社にいきたくなる!おしゃれなオフィスデザイン

仕事の意欲を沸かせる意味でも重要なオフィスデザイン。
スタッフ全員のやる気を出させるだけでなく、オフィスは会社の顔としても重要な役割を担っています。
今回は、どんなオフィスデザインが好まれるのか、オシャレにすることによって、どんな効果が現れるのか紹介していきます。

おしゃれで居心地の良いオフィスならやる気もアップ

会社にいきたくなる!おしゃれなオフィスデザイン

部屋の中を模様替えすると、なぜか気分がよくなったりするのと同じで、オフィスも居心地のいい空間にすることが社員のやる気アップに繋がることもあります。

例えば、 女性スタッフが多い場合は、社内に花や観葉植物を置くことで、癒し効果が期待できて、さらに明るい雰囲気を演出することが可能になります。
男性スタッフが多い場合は、白や黒の色合いを基調に、シックでクールなデザインにすると、過ごしやすい環境に仕上げることができるといわれています。

もし、社内の環境が暗いと感じるのであれば、オフィスのデザインを変更してみるのもありでしょう。

テイスト別デザインと狙う効果

会社にいきたくなる!おしゃれなオフィスデザイン

【施工事例:SmartColors株式会社】

会社の事業内容に合わせて、オフィスデザインのテイストを変えるのも一つの手です。

例えば、 ナチュラルモダンな雰囲気のオフィスにすれば、温かみがあって落ち着きやすいオフィスに演出することができます。
落ち着いて仕事ができる効果が期待できて、クリーンなイメージを来る人に与えることができます。
他にもカジュアルなオフィスに仕上げれば、若者受けがよく、明るく開放的なイメージを演出できます。
明るい雰囲気を相手に与えることができれば、仕事がしやすい環境であると思わせることが可能です。

このように、テイストを変えることによって、仕事の環境をよくして、社員にいい影響を与えることができるようになるのです。

「シンプルな配色に差し色」が取り入れやすい

会社にいきたくなる!おしゃれなオフィスデザイン

【施工事例:株式会社comcept様】

オフィスでは、クリーンでオシャレな演出をするために、白や黒の配色にする傾向が多いようです。
そういった配色のオフィスには、差し色を取り入れると、明るく綺麗なオフィスに仕上げることができます。

差し色には、赤や青などを加えるといいでしょう。
赤には、やる気や情熱を与える効果が期待できるため、仕事をするうえで重要な椅子や机の色合いを赤にすることが多いです。
青には、落ち着かせる効果やクールで知的なイメージを与えることができます。そのため、壁に差し色として線を加えるだけでも、格好いい印象を与えることが可能です。

このように、配色を工夫するだけで、印象がガラッと変わるので、テーマに合わせて決めていくといいでしょう。

家具を変えて大幅にイメージチェンジ

会社にいきたくなる!おしゃれなオフィスデザイン

【施工事例:インターテックジャパン株式会社様】

オフィスのイメージを決めるうえで大事なのが、家具です。
色やデザインだけでなく、素材を変えるだけでも使い心地が変わってきますし、イメージを変えるためには重要な部分です。

会議の机を円卓のようなデザインで、全員の顔が見えるように演出したり、食堂の机をモダンで温かみのあるものにしたりすることで、社員の気持ちもいい方向に動きます。
気持ちを新しくして雰囲気を変えるのであれば、一番早い方法は家具を一新することであるといえるでしょう。

統一感を持たせることでおしゃれなオフィスに

会社にいきたくなる!おしゃれなオフィスデザイン

おしゃれなオフィスにするためにも重要なのが、家具や色合いに統一感を与えるということです。
もし、社員それぞれが自由に家具を選択して使っていても、統一感が生まれず、気持ちも離れていってしまいます。
社員全員が心を通わすためには、上司や先輩、後輩関係なく、同じような机や椅子で仕事をすることが何よりも大切です。

また色合いも明るくしたいから配色を変えたとしても、色が統一されていなくて複数の色が使用されていたら、気持ちも落ち着きません。 ある程度まとまりを入れることで、連帯感が生まれるので色合いにも統一感は必要です。

このように、オフィスのデザインや色を変えるだけでも、社員のやる気は左右されます。 会社の雰囲気をよくして業績を上げるためにも、オフィスデザインは慎重に考えていきましょう。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加