オフィスデザイン・レイアウト設計・移転のアーバンプラン|東京・名古屋

  1. TOP
  2. メディア
  3. コラム
  4. 脳を効率よく働かせるには?

2018/12/14 脳を効率よく働かせるには?

1

ここ3.4日で急に寒くなりましたね。
深々と冷えるなか、先日は帰りに豪雨&強風で体がガチガチになりました、東京営業所のこやまでございます。
冬は知らないうちに猫背になりがち!
みなさん体は程よく動かしましょう!

さて、少し前から当社アーバンプランでは週に1回、朝に全員でお題に合わせたロープレ会を取り入れております。
お客様にする説明をスムーズにすることと、自分以外の人の説明を聞いて知識と意識を高めるためですね。
普段何気なく説明していることも、改めて言われると緊張します。。
初めは慣れませんでしたが、会話することで同じプロジェクトを組んでいないメンバーとも話すため、コミュニケーションの一環としても機能しております。

2

脳を活性化させましょう

知識を深める、勉強のため…という小難しい話を抜きにしても、この「朝にしゃべり合う」の良いところは、オフィスの空気が軽くなるということです。
朝が弱い方。いらっしゃいますよね?
わたしもとても弱いです。
普通の日はオフィスに来ても初めのうちはなかなか脳が本調子になりません。
オフィスの空気も全体的にとても静かで、パソコンのカタカタする音ばかり。
そこを、
喋る
考える
笑う
頷く
身振り手振り説明する…
ことにより、一気に脳が目を覚まします。
何気ない会話も普段より多い気が!
大げさでないコミュニケーションが取れるというのは、毎日の仕事の中でとても大切ではないでしょうか?

脳のゴールデンタイムとは?

この朝のロープレ会、実はきちんと科学的に効果があります。
ポイントは「朝」。
脳が一番活性化しやすい時間はいつでしょうか?
それは朝、しかも起きてから2~3時間の間だと言われています。
そこからはだんだんと仕事効率が下がっていくとかいかないとか…
人にもよりますが、人が起床してから仕事に集中できるのは12~13時間が限度だと言われています。
ということは、朝7時に起きたら夜の7時にはもう限界ですね。
最近では残業を減らすために朝早くの出社を推奨する企業が増えてきています。
そう考えるととても理に適った考え方!
早起きは三文の徳とも言いますし…
健康のためにも皆様早起きを心がけてはいかがでしょうか!

3

「顔を合わせて話す」が大事!

最近はメールやSNSで会話をすませている人も多いですよね?
ですが脳の活性化に一番効果的なのは「相手と顔を合わせて」が重要になってくるそうです。
実際に一緒にいると、相手の表情・動き・視線・声のトーン・距離感…などなど、文字や言葉以上の情報が脳に与えられます。
対面の会話は、五感の全てに刺激が与えられているため、脳の活性化の効果が非常に高くなるそうです。

6

当社でもよく出てくるのですが、人の集まる場所のことを「マグネットスペース」といいます。
人が自然と集まる場所、コミュニケーションの取れる場所という意味ですね。
カフェスペース・作業スペース・ラウンジ…名目は様々ですが、自分以外の人とのコミュニケーションスペース作ってあげるのは、オフィス作りの中でとても大切な要素のひとつになってきます。

5

ただ、「カフェスペースをつくりたい」とよくご要望でお聞きしますが、その目的は何でしょうか?
一人でゆっくり休むスペースでしょうか?それも確かに大切です。
ですが「コミュニケーションを促すスペース」であるなら、100の企業があれば100のマグネットスペースの形があるかもしれません。
なかなか難しいお題ですね。
困ったときはぜひ当社に相談してみてください!
お役に立てるよう尽力させていただきます!

今まで朝に活動する・会話をする など、脳を活性化させる方法をお話してきましたが、集中する方法は人それぞれです。
音楽を聴く、カフェで一休みする、体を動かす…
自分にあった方法がたくさんあると思います。
程よい緊張もアイデアを出すための良いスパイスになったりもします。
朝の脳への刺激は、その日一日の仕事効率を左右されると言われています。
冬も深まり、なかなか早く起きられない方も増えてくる時期ですが、みな様寒さに負けずに頑張りましょう!

さて、次にお話しするのはもう来年ですね。
一年本当にあっという間でした。
どうぞみなさま良い年末をお過ごしくださいませ。

  • Tokyo
  • 東京オフィス
03-5909-0515

「いいね!」で最新情報をお届け

1

関連記事